株式会社嘉理吉

任意売却をする時に必要な書類は何か?

お問い合わせはこちら LINE追加はこちら

任意売却をする時に必要な書類は何か?

任意売却をする時に必要な書類は何か?

2024/02/25

任意売却をご検討されている相談者には、まず任意売却に必要の書類をご用意をお願いしています。お仕事や家庭のことなどでお忙しい中、ご用意頂くことは大変お手数ですが、任意売却を成功させるためには重要になってきます。今日は、任意売却を検討した際に必要な書類について書きます。少しでも参考になれば嬉しいです。

この記事でわかること

任意売却時に必要な書類
・銀行や裁判所に関する資料
・自宅に関する資料

目次

    初回ヒアリング時に必要な書類

    まずは電話やZOOM、または実際にお会いして相談者の状況をヒアリングさせて頂きます。下記は、その際に必要になる書類です。

    ①銀行や裁判所に関する資料

    ②自宅に関する資料

    この資料がなければ、相談ができないわけではありませんが、資料があれば状況を把握しやすくなりますので、スムーズにお話を進めていくことができます。特に物件が戸建ての場合は、特殊なケースがありますので、各資料があれば的確に対処することが可能です。

    ◆銀行や裁判所に関する資料

    銀行や裁判所に関する資料は大きく3つです。

    ①相談者(物件の所有者)の身分証

    ②住宅ローンの返済予定表

    ③裁判所から通知された催促状

    相談者(物件の所有者)の身分証

    まず相談者のご本人確認に必要です。一般的な本人確認と同じですので、運転免許証や保険証で大丈夫です。

    住宅ローンの返済予定表

    は、住宅ローンの返済予定が記載されている資料です。返済予定表には、毎月の返済額とその内訳(元金返済額、利息分)、返済後の残高、借入開始から完済までの情報がすべて記載されています。

    裁判所から通知された催促状

    裁判所が法的手続きや手続きの提出に関して、当事者に対して送付する書面のことで、「支払催促」と記載があります。

    ◆自宅に関する資料

    続いて自宅に関する資料ですが、6つの資料が必要になります。

    ①契約時の物件概要書

    ②契約時の売買契約書、重要事項説明書

    ③権利証(登記済証)または登記識別情報

    ④不動産の登記事項証明書(謄本)

    ⑤固定資産税・都市計画税の納税通知書

    ⑥現状が分かる写真(室内や外観)

    契約時の物件概要書

    物件を購入する際、物件の紹介をした仲介業者から物件の概要が記載された資料を貰っていると思います。概要も大事ですが、間取りが記載されていると、より物件の状況が把握しやすいです。

    契約時の売買契約書、重要事項説明書

    重要事項説明書は、契約に係る重要なポイントが記載されている書類です。

    権利証(登記済証)または登記識別情報

    権利証(登記済証)または登記識別情報は、その不動産の所有者であることを証明する大事な書類です。2005年以前までは、不動産の所有者に「権利証(登記済証)」が発行されていましたが、2005年の不動産登記法改正以降、権利証の発行はなくなり、「登記識別情報」という12桁の符号で本人確認を行っています。ですので、2005年以前に不動産を購入された方は「権利証(登記済証)」が、2005年~2006年以降に不動産を購入された方は、「登記識別情報通知」という書面を受け取っているかと思います。

    不動産の登記事項証明書(謄本)

    登記事項証明書は、不動産に関する登記簿上の情報を証明する公的な書類です。一般的に、不動産の所有権や担保権、抵当権、またはその他の法的権利に関する情報を含んでいます。

    固定資産税・都市計画税の納税通知書

    固定資産税および都市計画税の納税通知書は、地方自治体(市町村)から不動産の所有者に対して送付される書面です。特定の期間に対する固定資産税の支払いを促すものであり、税金の納付期限や支払い方法等の詳細が記載されています。

    現状が分かる写真(室内や外観)

    物件の契約前や契約時に、室内や外観を撮影した写真があればそちらをご用意ください。契約前に撮影をしていない場合は、現状の写真でも結構です。

    1人で悩むのは今日で終わりにしましょう

    いかがでしたでしょうか。現在、「住宅ローンを滞納している」「滞納する可能性が高い」などで任意売却を検討しているが、不動産会社選びに悩んでいる方は、任意売却に特化したかりゆしにまずはご相談下さい。今の状況はすべての終わりではありません。あなたが今、直面している問題が全て解決できるかどうかはわかりません。しかし自己破産や競売に至るまでに打てる対策はあります。そのために必要なことは、早い段階での相談です。今すぐにご相談下さい。大阪の任意売却は、かりゆしへお任せ下さい!

    監修者

    竹本将也/かりゆし不動産/宅地建物取引士

    ---------------------------------------------------------
    株式会社嘉理吉(かりゆし)
    大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋4-J
    TEL : 06-4708-3563
    FAX : 06-4708-3564

    ---------------------------------------------------------


    戸建てを手放す方を大阪で応援

    マンションの売却は大阪で対応

    不動産のプロが大阪でサポート

    住宅ローンのお悩み解決も大阪で

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。