株式会社嘉理吉

自己破産とは?わかりやすく解説します

お問い合わせはこちら LINE追加はこちら

自己破産とは?分かりやすく解説します

自己破産とは?わかりやすく解説します

2024/01/25

任意売却と結びつきの強い自己破産について。任意売却の売却代金で住宅ローンを完済できないケースもあい、残った住宅ローンをどうするのか?が重要なポイントです。選択肢の一つが自己破産ですが、わかりやすくご説明しますので、参考になれば幸いです。

勇気を持って、まずはご相談を

任意売却に特化したかりゆしは、経験と正しい知識で依頼者に寄り添った提案をさせていただきます。大阪の任意売却はかりゆしへお任せ下さい!

目次

    自己破産の目的

     自己破産は、破産法という法律の一つです。その破産法の第一条に「第一条:この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする」とその目的が定められています。

    破産手続きと免責手続き

    自己破産は、下記の二つの手続きが同時に進められるとイメージして頂くとわかりやすいです。

    破産手続き・・「債権者」のために財産等を清算する手続き

    免責手続き・・「債務者」のために債務をなくす手続き

    管財事件

     自己破産は、破産管財人を選ばなければいけないのが原則ですが、この破産管財人が関わるか否かで手続き方法が2つに分かれます。個人の自己破産だけでも年間6万5000件ほどと言われていますので、これらの事実関係の調査や財産管理を全て裁判所が行うのは不可能です。そのため裁判所は、これらの業務を行う者として「破産管財人」を選任して、破産管財人からの報告をもとに裁判所が破産手続き・免責手続きの決定を下します。このように、破産管財人が選任され手続きが進んでいく破産事件を「管財事件」と呼びます。これがまず1つ目の手続きです

    同時廃止

    もう一つは、同時廃止と呼ばれる制度です。破産管財人の主な業務は「申立人の財産調査・管理・配当」ですが、破産手続きには費用も時間もかかります。また破産管財人の費用は、破産者が負担することになっていますが、そもそも経済的に困窮している破産者にその費用を支払うことは厳しいため、破産手続きが始まるのと同時に終了させる制度が「同時廃止」です。同時廃止では、破産手続きが即終了となるので、破産管財人が選任されることはなく、免責手続きだけが進むこととなります。

    ①破産手続きを円滑に進めるために破産管財人が選任される制度が「管財事件」

    ②破産者に費用を支払う財産がない場合に、破産手続きと同時に終了させる制度が「同時廃止」

    同時廃止になるケース

    同時廃止になるケースの目安は、「少なくとも20万円以上の資産があるか?」が基準であると考えられます。具体的には、裁判所が破産財団(破産者の資産)をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるとき」と定められており、破産手続費用は「破産管財人の報酬等」を指します。破産手続の費用が安いものでも20万円以上ですので、破産者の資産が20万円以下であれば、同時廃止になると考えても良いでしょう。

    同時廃止にならないケース

    破産申立時、手元に財産がない場合でも換価できるもの(生命保険の解約返戻金や過払い金など)がある場合には、これを資産として考えることができます。また、資産の調査が不十分だった場合など、資産を明確にするために管財人による調査が必要として、管財事件となります。

    資産がなくても管財事件となるケース

    資産がなくても管財事件になるケースは、【免責不許可事由(債務をなくす事ができない事情)】があるときです。免責不許可の有無は、「債務の原因や破産に至るまでの財産の処分方法」「破産手続きにおける破産者の態度」を調査しないと判断がつきません。この調査や判断も裁判所がすべて行うことは難しいため、破産管財人が選任されます。

    ※資産が少なくても管財事件になるケース

    ①資産の有無が判別できない

    ・不動産や車を売却している

    ・過払い金を回収することができる

    ②免責不許可事由の疑いがある

    ・借入の原因がギャンブルなどの散財

    ・一部の債権者に偏った返済

    ・ローン購入した物品の転売等

    同時廃止と管財事件の違い

    2つの大きな違いは、管財事件には「破産手続きがある」「破産管財人が選任される」ことです。そのため破産者はいくつの違いに注意する必要があります。

    1つ目は手続きに時間がかかることです。事件によっては1年以上かかることもあり、免責許可の決定が出るまで不安な時間を過ごすことになります。2つ目は手続き費用が異なることです。管財事件の場合には、破産管財人の報酬を破産者が裁判所へ支払う必要があります。これを「予納金」といわれますが、かなり高額です。法律上、「50万円」が最低金額と定められていますが、破産者にとっては大きな負担になります。

    まとめ

    自己破産は、借入したお金を返すことが出来ない人を救済する制度です。債権者に損害を与えている事実には変わりありませんが、誰しもがそのような状況になりたくてなっている訳ではありません。どうしてもお金を返済することができない状況に陥った時は、自己破産を選択肢の一つとして持ってください。万策尽きたあなたを救ってくれるのが自己破産です。

    1人で悩むのは今日で終わりにしましょう

    いかがでしたか?任意売却は、通常の売却と比べて「法律の知識や経験が必要」であることや、「売却まで時間がかかる」などの理由で、大手の不動産会社や任意売却を取り扱っていない不動産会社は敬遠する傾向にあります。また、相談を受けた場合でも知識や経験が無いために適切なアドバイスが出来ずに、結果的には競売になってしまうケースや競売までの時間が残されていない状況で、弊社に駆け込んでくるお客様がいらっしゃいます。

    現在、「住宅ローンを滞納している」「滞納する可能性が高い」などで任意売却を検討しているが、不動産会社選びに悩んでいる方は、任意売却に特化したかりゆしにまずはご相談下さい。今の状況はすべての終わりではありません。あなたが今、直面している問題が全て解決できるかどうかはわかりません。しかし自己破産や競売に至るまでに打てる対策はあります。そのために必要なことは、早い段階での相談です。今すぐにご相談下さい。大阪の任意売却はかりゆしへお任せ下さい!

    監修者

    竹本将也/かりゆし不動産/宅地建物取引士

    ---------------------------------------------------------
    株式会社嘉理吉(かりゆし)
    大阪市中央区南船場3-7-27 NLC心斎橋4-J
    TEL : 06-4708-3563
    FAX : 06-4708-3564

    ---------------------------------------------------------


    戸建てを手放す方を大阪で応援

    マンションの売却は大阪で対応

    不動産のプロが大阪でサポート

    住宅ローンのお悩み解決も大阪で

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。